【リポート】第6回お笑い福祉士全国交流会

第6回となる、2017年のお笑い福祉士全国の会交流会は、お笑い福祉士養成講座を開講している各地を巡って、初回の開催地、徳島に戻ってきました。今回は、初日は、お笑い福祉士が8つの施設に同時に伺うボランティアと前夜祭、2日目は一般公開の落語会の後、懇親会と総会というメニューとなりました。

       リポートは、徳島の宝家千壽さんです。

第1日 ボランティア(5月27日)

こんにちは。宝家千壽です。2017527日(土)、徳島駅前そごう9Fの徳島教室前に全国のお笑い福祉士が集結しました。まずは、8つのグループに分かれてボランティアに向かいます。

これは、せっかく多くのお笑い福祉士が集まるのですから、「お互いの芸を観て刺激を受け、今後の自分の芸の向上に役立てる」「訪問先である施設の利用者さんには、日頃観ることができないお笑い福祉士の芸を観てもらう」「お笑い福祉士間の親睦」にもなるということで、今回初めての試みとしての交流ボランティアです。學光師匠には、それぞれの施設に訪問するグループ分けをお願いしました。



デイサービスきたじま

きらく亭たぬき(徳島) 笑っ亭笑昌(堺) どっこい三味線(大阪) のりごろう(姫路)



青香園:笑来亭元気(徳島) 笑乃亭花火(徳島) 紫陽花亭こぶし(大阪) あじさい亭月日(大阪) 白髪亭眠眠(大阪)

藍寿苑

笑遊亭おまけ(徳島) 阿宇羅(高松) 小庭亭ぶぶ(大阪) 高砂亭ゴーフル(姫路)

デイサービス雅

おみやジンジャエール(徳島) 夜勤亭ぐうぐう(大阪) 野村亭だ骨(大阪) 野村亭栄子(大阪) 寛亭タルク(姫路)

中徳島の家:笑灸亭やいと(徳島) 笑門亭田楽(徳島) 紫陽花亭洋々(大阪) さつき亭めいこ(大阪) 千里亭だし吉(堺)

おおつ苑:あうん亭うたし(徳島) 楽笑亭おんち(徳島) 安岡寺家康楽(大阪) 食育亭卯舞(堺) たまねぎ(大阪)

デイサービスおひさま:ドリーム亭オカリーナ(徳島) ふなき家小びん太(徳島) 喜楽亭お常(高松) 気楽亭笑顔(高松) いよいよ亭じゃこ天(高松)

デイサービス大和:宝家千壽(徳島) 夢見亭あした(高松) ふくわらい亭やっこ(大阪)

 

 

私、宝家千壽のグループには、學光師匠に同行していただきました。また、地元の徳島新聞の取材を受け、夢見亭あしたさんの写真入りで、今回の交流ボランティアが紹介されました。

デイサービス大和での(左から)ふくわらい亭やっこ、夢見亭あした、宝家千壽

それぞれの施設では、様々な芸を披露し、多くの利用者さんと職員さんに楽しんでいただきました。終了後には施設の担当者さんから「きょうは本当に楽しかった。いつも以上に利用者さんも喜んでおりました。職員も一緒に楽しませていただきありがとうございました」と、お電話やメールをいただきました。

各地で同時にボランティアをやっていると思うと、何かしら不思議な感じでした。それぞれの施設で様々なドラマがあったようで、感動も共有できた交流ボランティアになりました。

第1日 前夜祭

ボランティアの後は、宿泊先のホテルで前夜祭が行われました。やっぱり前夜祭に参加してこそ、お笑い福祉士の本髄を発見できると思います(笑)
3時間に及ぶ大宴会は、終始笑いの渦で、「こんなに笑う事ないやろ?」と思うほどです。

トップバッターは、徳島のとばとば姉妹『ほめほめ漫才』

姫路の寛亭タルクさんは、奇抜な出で立ちの『パペット』

大阪の紫陽花亭洋々さんと月日さんは『おとぼけマジックショー』


高松のメンバーによる『遠山の金さん』には、徳島の笑遊亭おまけさんも友情出演です。

大阪&堺教室合同チームは、『乙姫ストーリー』。康楽代表自らが浦島太郎に扮し、脇を固める美女たち?は人生初女装したおじ様たち。

トリは、今年もやってきました千壽奴とめいこ改名冷奴の『芸者遊び』。今回はどっこい三味線さんの応援を得て、本格的芸者遊びを。

抱腹絶倒な門外不出芸は、延々と続くのでした(爆)司会の學光師匠もさすがにコメントできないほど呆れ顔。これを観たら普通の宴会なんて物足りなくなるでしょう。


 

 

前夜祭だけでも続けたいなあと思うのは千壽だけでしょうか?(笑)


第2日 お笑い福祉士落語会(5月28日)

さて、前夜祭で大盛り上がり、翌日は二日酔いもなんのその。翌28日(日)、会場の徳島市の西富田公民館には当日参加の方も含めて、50人程のお笑い福祉士が集まりました。まずは、交流会では初めての試みの「中入り無しのノンストップ落語会」です。各教室の代表8名が、日頃の練習の成果を披露しました。

夜勤亭ぐうぐう(大阪) 「七度狐」

 

高砂亭ゴーフル(姫路) 「腹話術」

笑門亭田楽(徳島)

「講談:南部坂雪の別れ」

ちゅんちゅん亭五十雀(徳島) 「創作落語 関西馬のつぶやき」

紫陽花亭洋々(大阪)

「子は鎹」

安岡寺家康楽(大阪) 

「崇徳院」

阿宇羅(高松)

「化け物使い」

 

金遊亭遊呂(和歌山)

「つる」

 

この落語会は、一般公開としましたので、地域の方々も多く観に来られ、会場は満席。最初から大きな笑いが起こり、つかみはOK!皆それぞれ個性溢れる素晴らしい話芸で、観客を魅了しました。


いつもなら時間が超過し、最後の演者は時間切れが多かった交流会ですが、今年は時間が少し余り、全員が最後まで話を終えることができました。8名の演者の皆さま、ご協力ありがとうございました。


落語会の後、「今回は人形浄瑠璃を観てもらおう」と學光師匠が提案されて実現した阿波勝浦座による『人形浄瑠璃』』がありました。演目は『恵比寿舞』と『傾城阿波の鳴門:お弓とお鶴編』です。徳島のメンバーの中にも、初めて、生の人形浄瑠璃を観るという人もいて、お笑い福祉士以外のお客様にも楽しんでいただきました。心に残る素晴らしい舞を観ることができて、こちらも感動でした。

第2日 懇親会と総会


『人形浄瑠璃』を堪能した後は、総会は短時間で済ませて(苦笑)、お楽しみの懇親会となりました。徳島名物「竹ちくわ」「フィッシュカツ」などいろいろな料理を準備し、立食形式での宴会です。皆思い思いに食事をしながら、一年ぶりの再会を楽しみました。


懇親会での演芸は、白髪亭眠眠(大阪)『手品』、高松メンバー全員での『河内男節&踊り』のほか。。。

野村亭だ骨(大阪) 『紙芝居』

みちのく亭さくらんぼ(高松) 『富山の薬売りと踊り』

なんたっ亭愛どる(徳島) 『一人二人羽織と膝どじょう掬い』


いやぁー笑いました。全員、さすが、お笑い福祉士です。どの芸も施設で大ウケ間違いなしです。私たちお笑い福祉士だけでは勿体無い、お客様にも観てもらいたかったなぁと思いました。大笑いの中、懇親会は大盛況で終了。後片付けも皆さまのご協力であっという間に終わりました。2日間本当にお世話になりました。皆さまのご協力で大成功の全国交流会でした。

今回の交流会をもって、各地で担当をもちまわる形式の交流会は、一旦お休みとなりますが、また違った形で交流できたらと、學光師匠も仰っておられましたので、またの日をお楽しみに。。。

【リポート】第5回お笑い福祉士全国交流会

年に一度、徳島を皮切りに大阪、姫路、高松で開かれてきた「お笑い福祉士全国交流会」が、2016年5月22日に、和歌山市で開かれました。各地から、およそ50人のお笑い福祉士が集まり、日頃の出し物を披露したり、いろいろな話をすることで交流を深めました。

会場の紀三井寺ガーデンホテル「はやし」。朝から、晴れのお天気です。

まずは、受付です。

笑福亭學光師匠(右)と安岡寺家康楽代表のツーショット。何やらお話しでしたが、すぐさまこんな感じです。


師匠からの開会の辞です。

 

高松の喜楽亭お常さんからは、出し物の前に、讃岐弁のクイズ。どういう意味かな?

さあ、ここからは食事タイム。では、師匠の音頭で・・

 

 

紫陽花亭洋々さん、さつき亭めいこさんのコンビで「バラエティー笑」。

今回の司会進行は、和歌山の金遊亭遊呂さんです。 

まずは、考えてみて下さい。正解は、右の写真で確認してみて下さい。

みんなで、乾杯〜〜!!

 

 

 

徳島のみなさんの謎の皿回し、365歩のマーチとともに。もう、なんかスゴい!

それでは、始まり始まり〜

 

 

あじさい亭月日さん【大阪】

「金明竹」

 

 

 

 

 

 

きらく亭たぬきさん【徳島】

「まめだ」

 

 

 

 

 

 

のりごろうさん【姫路】

「上方落語チャンチャカチャン」

 

 

 

どうでしたか?予想がつきそうなものから、ちょっとむずかしいものまで。

 

喜楽亭お常さん【高松】

「時うどん」

 

 

 

 

 

勇気だし亭うな晴さん【和歌山】

「代書屋」

小学6年生。こども落語全国大会での優秀賞受賞経験もあります。

 

 

夜勤亭ぐうぐうさん【大阪】

「医療ミスのない病院」

 

 

 

 

 

 

ドリーム亭オカリーナさん【徳島】

「腹話術」

 

 

 

 

 

千里亭だし吉さん【大阪】

「はてなの茶碗」

 

 

 

 

 

実は、ほんのちょっぴりだけ硬い話もしました。全国の会の総会です。安岡寺家康楽代表から、お話もありました。

 

交流会の横断幕を、金遊亭遊呂さんから、来年開催の徳島の笑来亭元気さんに手渡しました。

 

笑遊亭おまけさん【徳島】

「転失気」

 

 

 

 

高松のみなさんは、施設に伺った際に歌う、小金沢昇司さんの「ありがとう」を披露。

 

ぴょんぴょん亭うさぎさん。

「ちりとてちん」

小学4年生です。お酒のシーンがまたいいんです。

 

たまたま後ろにあった、ホテルの掛け軸が何とも・・・

 


 

 

では、来年は、徳島でお会いしましょう!!

と、徳島の宝家千壽さんからでした。

お笑い福祉士の本

好評発売中です‼︎

めざせ!お笑い福祉士

笑福亭學光著

お笑い福祉士養成講座がおこなわれていない地域の方々にも、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

税込1400円で、浪速社から好評発売中です。